おひさまコンサートin上長部

11月20日リエートさんご一行様は1台のバスに乗り込み、
陸前高田市の上長部地区を目指しました。
なぜなら上長部地区に震災後にドイツの支援により建てられたベルリンハウス(上長部地区の公民館)で“おひさまコンサートin上長部”を行う予定だからです。
上長部地区は津波により被害が大きかった場所です。
ご指導いただいている八木先生とドイツのご縁により、この場所でコンサートを行うことになりました。

上長部までは3時間半の長旅です。(東京にいくよりも移動時間は長いですね)
歌う前に疲れちゃうんじゃないかしら・・・
ということはありませんでした。(笑)
楽しいバスの旅に大盛り上がり!!
一人一人に配られたおやつ袋に、童心にかえって喜んだ私達です。
中身は・・・

コンサートに参加できない団員さんが手作りのケーキを添えて準備してくれました。
おいしかったです。ごちそう様♪
そしてあっという間に上長部地区に到着です。
ベルリンハウスと私達を運んでくれたバスと今回のお世話をしてくれた方の後ろ姿です。
(すいません・・・写り込んでしまいました)
DSC_1253.jpg
中はログハウス風で薪ストーブもあるおしゃれな建物でした。
一見、海からは近くないように感じる場所ですが
海に近い山あいの場所のようです。
震災当時は近くにある水産工場から魚がたくさん流れてきて
大変な状況だったとのことでした。
たぶん集落になっていたであろう場所は平にならされていて
今はベルリンハウスよりさらに奥にある場所に建てられた仮設住宅に避難されている方が多いようです。

そんな上長部地区で、私達が歌を歌わせていただくのですが
まず私達が心配したことといえば・・・
誰もお客様がいない状態でコンサートをすることになったら
どうしようということした。
ベルリンハウスの周囲には人の姿も見えず、家もまばらにしか見えないのです。
でもこの地区でボランティアをしていらっしゃるキャシーさんの話を聞いて
とにかく私達はここで心を込めて歌うしかないと思いました。

開始20分前、私達の心配をよそに、ぞくぞくと上長部の方々が集まってきてくれました。
私達のやる気度も一挙に上昇です。
私達のコンサートのお知らせのチラシを一軒一軒配っていただいていたとのことでした。
ありがたいですね。

そしてコンサート本番!!
上長部

なんだかあっという間の時間でした。
後半は来場していただいた皆様と一緒に歌を歌わせていただきました。
楽しい時間を共有できたと思います。
私達のコンサートについて『上長部おがさんのブログ』で紹介していただいています。
私達も、その場に居た皆様もとても笑顔になれた時間だったと思います。
上長部の皆様、そしてコンサートを開催するためにいろいろ段取りを組んでいただいた皆様に本当に感謝です。
ちなみに今回のコンサート開催のために上長部の皆さんと私達を結んでくれたボランティアの皆さんのHPページ『遠野まごころネット』もぜひご覧下さい。
そしてコンサート後にベルリンハウス前でみんなでパチリ!!
上長部2


コンサートの後はお楽しみのお弁当タイム♪
お昼風景
私たちの年齢や好みを配慮してくれたおいしいお弁当でした。
さらに温かくておいしいお吸い物を準備していただいたり、
上長部のお母さんからおいしいお漬物までごちそうになりました。
本当に感謝の一言です。
あの昼食会のおいしさはリエートさんたちにとっても忘れられない思い出です。
また上長部のお母さんから私たちにと手作りのがんづきをいただきました。
もー感激です。さっそくかえりのバスの中でいただきました。おいしかったです。

昼食後は陸前高田の物産センターに立ち寄りました。
途中、一本松をバスの中からみることができました。
また、津波による被害の痕跡も確認できました。
あの時の大変な状況と現在の復興に向けての努力を感じずにはいられない貴重な時間でした。

帰りのバスは・・・お買いものツアー???だったかと思うほど
物産センターや道の駅で買ったお土産をたくさん載せて
行きの車内以上ににぎやかなひと時でした。
合計7時間のバス乗車時間・・・元気です、リエートさん。

今回はこのような機会を与えていただいた八木先生はじめご支援いただいたボランティアの皆様、そして私達を温かかく迎えて下さった上長部の皆様、そして長旅を安全運転で支えてくれたバスの運転手さん、そして楽しい仲間、皆様に感謝をしてコンサート報告としたいと思います。
スポンサーサイト