ヴォイストレーニング2017

ヴォイストレーニング2017
2017年5月17日にメゾソプラノの菊池万希子先生による,ヴォイストレーニングの講習会が行われました。みなさんの感想を紹介いたします。

ソプラノ
*とってもわかりやすく意識しやすいインパクトのあるご指導で、本当にレッスンを受けてラッキーでした!ますます歌うことが楽しくなり感謝です✿
*発声指導を受けて:立ち方から始まり歌う時の基本姿勢を教えて頂き、とても具体的でよく理解できました。その姿勢を最後までキープして歌うことが大事であること、それを念頭におき意識して歌っていきたいです。
*ありがとうございました。足の底の3点に重心をかけアワビでくっつける。これまでお腹を出し、どうしても後ろに重心をかけている自分を発見できました。先生に教えて頂いた、お腹ひっこめ顎を引いて歌う、頭の後ろ首のほうから引っ張る様に声を出す、これを常に記憶に止めて意識し実践していきます。自分でも声が軽く出すことが出来てびっくりでした。家に帰ってからいつものどにイガイガ残っていたのですがこの日はのどの痛みを感じませんでした。
*なかなか上手くいかなかった体の使い方に光が射しました。講習会で、憧れていた声に近づいた声が出て嬉しくなりました。忘れないようにして是非身に付けたいです。「どんな状況でも幸せな顔で歌う」心に残る言葉です。ご指導頂きありがとうございました。

メゾソプラノ
*基礎的な声の出し方を教えて頂きました。呼吸の出し方筋肉の使い方によって声の出し方の難しさを改めて感じました。短い時間とはいえ濃い歌の練習となり楽しい時間を過ごすことに感謝しより一層の練習をと深く感じました。ありがとうございます。緊張と筋肉の使い方で少し疲れました。日頃の反省なり。
*歌う時の姿勢、身体の使い方がどれだけ日頃怠けていたか痛感しました。とても楽しいレッスンで、八木先生とは違う言葉の選び方が新鮮でした。忘れないように練習を重ねていきたいです。ぜひ2回目もあると嬉しいです。
追記 おすもうさんをずっと住まわせておくにはどうすればいいか?ポイントが知りたいです→ちゃんこでしょうか…(笑)


アルト
*体の使い方を変えただけで、ブレスも変わり声が違って聞こえました。体を保つのは大変で、いくつもの体の場所を意識するのは簡単ではありませんが、ひとつずつ身に付けていきたいと思っています。
*初めて受けたヴォイストレーニング、はじめは緊張していましたがわかりやすくユーモアたっぷりで楽しく理解することが出来ました。正しい姿勢と体の使い方などで音が安定、響かせることが出来ること、人間ってすごいなあと思いました(人間の声)。アワビが出たり稀勢の里の小さいのが出たり!!楽しい2時間ありがとうございました。歌う時は習ったことを実践しながら身に付けて、自分の声と会話していこうと思います。少しずつ自信になっていければと思います。またヴォイストレーニング受けたいです。
*ご指導いただきありがとうございました。ボイトレは初めてでしたので期待と不安がありましたが、アワビ、希勢の里もろもろなど身近なものに例えて楽しくわかりやすく教えていただき、トレーニングの時間が瞬く間に過ぎてしまい音楽に対する楽しみがより大きくなった気がしました。一番に姿勢が大事ということ、足の裏、骨盤の位置、まっすぐ、首、顎を上げない、背中、体のふくらみ、糸でつられる、舌の事、低い音を出すときは上を見る等々。難しいですが、今日教えていただいたことを心して頑張っていきます。今日は本当にありがとうございました。とても楽しかったです。私事ですがコーロ・リエートさんに入会させていただきやっと1年になります。音楽の知識のないまま、ただ音楽が、歌が好きというだけでしたので、八木先生のご指導されるサークルに入団させていただき、大変だ!だけど楽しい!けど大変!ですが皆さんとてもスバラシイ(仲間)方たちに出逢うことが出来、親切にサポートしていただき、それに甘えながら続けております。”足の裏、アワビ、頭の上つられている“を忘れないでこれからも楽しい時間を過ごして参ります。ありがとうございました。
*まだ背中と肩の張りが残る午後、素晴らしかったヴォイストレーニングを受講し学ばせて頂いたことをまとめてみました。①足の親指の付け根、小指の付け根、踵の3点を意識し、土踏まずにはアワビがへばり付く感じで下に体重をかけ、前身頃を伸ばし、たんでんを下に入れ、股が引っ張られるように、しっかりと立つ②甲状軟骨を下げて一定の位置に保つ。高い音は軟口蓋を上げ、あくびのように喉の奥を開くようにする。舌を丸くして下歯茎に付けた状態をキープするよう心掛ける③肋骨に甲冑を広げ関取に突っ張ってもらうような感覚で立つ④あごを下げ、笑顔で頬の筋肉を上げ、目の周りに大きなマスクが付いているような意識を保つ。首はまっすぐ伸ばし、首の後ろは引っ張られているような感じである⑤きらめき~~のきの発音について(日本語のいの発声法)母音「あえいおう」のえとおの口の形を意識し、横に広く開けずに丸い口で“い”を発音すると、キツくならずソフトな発声ができる⑥互いの声を聴きながら、輪になって歌うことも効果的。条件が整ってくると、後ろにも美しく響くようになる⑦椅子に座って練習をする時も、浅く椅子に掛けることにより、立っている時と同じように身体と意識を保って歌う。 貴重なご指導をありがとうございました。上手に歌えそうな気がしてきました!

スポンサーサイト

7月のスケジュール

みなさんこんにちは。7月のスケジュールが決まりました。

5月17日のヴォイトレでのみなさんの目の輝きと真剣さ,はたまた緊張と筋肉痛など中々経験できない時間でしたね。みなさんからいただいた感想は次回にアップ予定です。お楽しみに。

7月  5日   太白区中央市民センター  音楽室     ・2時間のご指導で1時間半のピアノ合わせ
7月12日   富沢市民センター第1会議室    ・1時間の団員練習後,1時間のご指導の日
7月19日   富沢市民センター第1会議室    ・2時間の団員練習
7月26日   生涯学習支援センター第2音楽室  ・2時間の団員練習
                (生涯学習支援センターというのは旧中央市民センター,パルシティーです。
                   地下鉄東西 線の宮城野通駅徒歩3分。JR仙台駅東口から徒歩5分です。)


いよいよ太白区区民合唱祭が8日土曜日ですね。
当日は,太白区文化センターの音楽練習室を午前11時から午後1時まで使えるように確保できました。
詳細は後日係からお知らせいたします。